• HOME
  • ダイヤモンド・宝石買取

ダイヤモンド・宝石買取

ダイヤモンド・宝石買取

ダイヤモンドの品質は、上記の4つの要素で決定され、この頭文字をとって4Cという。この4Cのグレードの掛けあわせにより買取価格が決定されます。

ダイヤモンド買取査定基準

カラット(Carat)

カラットとは重さのことです、『 ct 』で表記され、1ctはおおよそ0.2gです。大きくなればなるほど希少価値も価格も上がりますが、同じ大きさのダイヤモンドであっても他の3つの要素、Collar、クラリティ・カットによって買取価値は大きく変わってきます。

また0.2ct以下のダイヤモンドを通常『 メレー 』と呼びますが、粒の大きなものほど希少価値が高くなりますので、合計1ctのメレーダイヤモンドよりも一粒で1ctのダイヤモンドのほうが買取価格は高くなります。


カラー(Collar)

ダイヤモンドには完全な無色から薄い黄色まで自然の色が付いていて、無色(カラーレス)に近づくほど希少価値が高まります。 カラーはDを最上級として下がっていきます。基本的には無色の評価が高いですがZよりさらにいくとファンシーカラーというものがあり、逆にファンシーがつくと価値は急激にあがります。


クラリティ(Clarity)

クラリティはダイヤの内包物(キズ)等の評価になります。ダイヤモンドは天然の産物になるのでキズは内包物がないダイヤモンドはほぼありません。キズが少ないほど買取価格は上がります。


カット(Cut)

カットは4Cの中で唯一自然ではなく職人の技を必要とします。ダイヤモンドのカットグレードは、プロポーション、ポリッシュとシンメトリーによって評価されます。そのカットは7段階のランクに分かれます。

トリプルエクセレントのダイヤが価値の高いダイヤモンドです。

ダイヤモンド
プラチナ
銀(シルバー)
ルビー
エメラルド
パール
珊瑚(アカ・ピング)